先週、眉毛専門のサロンに行って来ました。
カッコよく言うと、アイブロウトリートメントサロン

骨格や輪郭、顔立ちに合わせて、自分だけの完璧な眉にしてもらう・・・
というものです。

結果から言うと、
わたしの場合、 思っていたほど劇的には変わりませんでした。

お手入れしてくださったスタッフのお姉さんにも言われたけど、 わたしの眉毛のお手入れの仕方は、正しかったみたい。
大きな間違いはなかったということで、ちょっと安心というか、自信がつきました(笑

でも、それなりに、前よりは、アカぬけた感じに
息子ちゃんには、「若くなった」と言われたしぃ。。。


わたしが行ったサロンは、アナスタシア
表参道をはじめ、全国に支店がある大手(?)です。

ウイークデーに行ったけど、お客さんはひっきりなしに来ていました。
土日はなかなか予約がとれないようです。




↓ ここからは、長いので、施術に興味のある方のみ読んでください。
興味ない人は、すっ飛ばして「続き」の結果だけ見てね~♪

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.



行きたい日の1週間ほど前に予約しました。

一切自分で眉のお手入れをせず、ボーボーの状態でサロンへ。
これ、結構苦しいです。
本当は、2~3週間伸ばした状態がいいらしいけど、わたしは1週間が限界。


サロンについてすぐ、
個人情報の管理とワックスを使用するのでそのための誓約書などにサインをしてから、
お手入れをしていただく場所に案内されました。

どんな眉にしたいかなど、スタッフの方とカウンセリング。
わたしは、はっきりした顔立ちなので、細眉にするときつい顔になってしまうため、
太めの眉&ナチュラル志向でお願いしました。

自分に最適の眉頭・眉山・眉尻の位置を決めて、説明してくださいます。
手鏡を見ながら、眉の3ポイントを確認。 

わたしに最適な眉毛ガイドラインに沿って、眉が描かれます。
描かれた眉は、黒く塗りつぶされ、海苔を貼ったような眉毛に。
かなり笑えます。
でもこれは仮の状態なので、ご安心を。

眉毛ガイドラインからはみ出た毛は、ワックスと毛抜きで処理します。
ワックスはすばやくはがすので、思ったほど痛くなかったけど、
毛抜きは、チクチクときました。
抜かれるたびに、心の中で(イタッ!)と叫んでました
美しくなるためには、多少痛くてもしょうがない…

お手入れが済んだ後、タオルで冷やしてくれます。
冷やしていたときは良かったんだけど、 タオルを外したら、ポっポ、ポっポと熱をもった感じに。
手鏡で見たら、眉毛の周りが赤くなってたので、すご~く心配しました。

この後、スタッフの方が眉毛周りのお化粧を直し、片方の眉毛のメイクをしてくださいます。

もう一方の眉は、やり方を説明をしながら、メイクしてくださいます。
で、完成。

そして、これからの眉のお手入れの仕方の説明を受けて終わり。
1時間ぐらいでした。

赤くなった部分は、サロンを出て1時間もたたないいうちに、何ともなくなりました。
よかった~

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.




 さて、完成した眉、気になりますね~、続きでご覧下さい。

» 記事の続きを読む

タグ