わたし、夏の汗をかく季節になると、
アセモのような湿疹のような痒いぶつぶつが腕とかに出ちゃうことがあるんですけど、

この入浴剤を使うと、不思議とそれが鎮静化されて湿疹が消えてゆくので、
今、手放せなくなっています。



華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤

華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤




カミツレエキス100%使用
の入浴剤。

カミツレは、ジャーマンカモミールとういうハーブの和名です。

有名なハーブですよね。
ヨーロッパでは、家庭に常備されるほど、ポピュラー。
建胃や乾燥肌、敏感肌のトラブル改善に効果があると言われています。

アロマテラピーでも重用されているし、
カモミールティーがお好きな方も多いかもしれませんね。


華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤 
(画像は、華蜜恋のパンプレットからお借りしています)



華密恋(かみつれん)に使われているは、
日本国内の契約農家で、農薬を使わず、有機肥料で栽培したカミツレのみ

だけでなく、まで使い、非加熱抽出によってカミツレの有効成分を引き出し、
そのエキスだけで出来た無添加の入浴剤です。

本当に、カミツレエキス100%なのよ。

全成分をチェックしてみても、カミツレエキスのみ、すごくないですか
抽出溶媒に、水・発酵エタノールを使用しているだけ。

合成香料、合成着色料、鉱物油、合成保存料は使っていません。
「余計なものは一切加えない」という製品哲学を貫いているのだそうです。


そして、なんと~

1回分の中に、 カミツレ全草120本分のエキス が入っているんだって

濃いんです。
それが、使ってみるとよくわかります。


とても気に入っていて、使えば使うほど、惚れ込んでしまい、
家族にはもちろん、お友達みんなにおススメしたい薬用入浴剤となりました





華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤 


これが1回分なんだけど、
これで、お湯がすごく柔らかくなります。
肌あたりの優しいお湯になるんです。

そして、りんごのような(!?)甘く爽やかな香りにふんわり包まれる感じ。
この香りは、心身の緊張を解きほぐす作用があるんのだそうですよ。

容器から、1回分を計量カップに注ぐときの香りと言ったら、
一日の終わりのバスタイムに、最高のご褒美 

湯船は少し、琥珀色に色付きます。
残り湯はお洗濯にも使えるから、大丈夫。
(ただし、注意書きを読んでね)

そして、お風呂上がりのお肌は、しっとり落ち着いて、保湿されているのを感じます。


華密恋の薬用入浴剤には、
肌の保湿 冷え・しっしんの改善 疲労回復 が認められています。


しっしんに関して、わたしは、目に見える即効性があったので、
ほんとうに、すご~いと思っちゃった。。。


ボトルの効果・効能をチェックしてみると、


華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤 


あせも にもいいんです。

それから、日焼け後のお肌や、背中のニキビにもいいみたい。
これからの季節にピッタリですね。



華密恋の有効成分の含有比率は、他社の同等製品と比較しても、
「α‐ピサポロール(消炎作用)が、1.7倍、「ペンタコサン(保湿)」が7倍になっているそう。

やっぱり、華密恋は、濃いんです。
保湿・消炎力が高いのがよくわかります。



華蜜恋は、1982年の発売以来、通算300万本のベストセラー入浴剤。

ほんと、いいよ~
わたし、華密恋の香り、使用感、効果、品質・・・みんな惚れ込んじゃって、
しばらく手放せそうにありません。






華密恋は、通常価格 3,150円
↓↓↓
特別価格 2,310円(税込) 送料無料 (お1人様3セット限り) 
しかも、華密恋ミニ石鹸+泡立てネット付き

華密恋 ミニ石鹸+泡だてねっと
(華密恋ミニ石鹸+泡立てネット)

華密恋ミニ石鹸もとても良かったです!




こちらページからお申し込みの方限定です

カモミール100%の濃密入浴剤『華密恋』

華密恋 

乾燥肌・敏感肌・アトピーなどでお悩みの方や赤ちゃんにもおすすめ。
家族みんなで、安心して使える入浴剤です。


















 続きは今日のつぶやきですヽ(*´∀`)ノ




今日は、みなとみらいのランドマークプラザに行ってきました。

ちょっと面白かったのが、

不審な人を見かけた方は、お近くの係員にお知らせください。。。
みたいな、館内放送が流れていました。

「不審な人」って!?
何を基準に考えたらいいんだろう。。。
最近、変な人いっぱいいるから。

わたしも時々、不審な行動をするから、通報されないように気を付けないと(笑

なんだか変な館内放送だわ。。。って思ったけど、
よく考えたら、最近、通り魔事件が多発しているから、その防止対策なのかな・・・
という結論にたどり着きました。

そういうことかな?




関連記事
カテゴリ
タグ