新型インフルエンザの流行が止まらなくなっているみたいですね。
知り合いの中にも、「かかった」という話もチラホラ聞くようになってきました。

たいていは重症にならずに済むみたいです。

とはいっても、インフルエンザの症状はつらいもの。
少しでもつらさを軽減できたらいいですね。


…ということで、今日は、鼻づまりに効くアロマのご紹介です (*^▽^*)/



f04.gif 吸入法を試してみましょう♪

吸入法は、ハンカチやガーゼなどに精油を1~2滴落として、精油の成分を積極的に吸い込んで呼吸器系の不調を緩和する方法です。
洗面器やマグカップにお湯をはり、精油を2~3滴落として立ち上る精油の蒸気を吸入する蒸気吸入法という方法も効果があります。

おススメの精油(エッセンシャルオイル)は、ユーカリペパーミント

ユーカリは、抗ウイルス作用、殺菌作用、消炎作用、鎮痛作用にすぐれているので、花粉症や風邪になどよる鼻水、痰、咳症状の緩和やのどの痛み、さまざまな感染症に効果をあらわします。
ペパーミントも、清涼感のある香りと殺菌作用から鼻づまりによく用いられる精油です。

 但し、ユーカリもペパーミントも刺激が強い精油なので、吸入する際には、落とす精油の量を減らしたり、使うお湯をぬるま湯にするなど注意をしてくださいね。


f04.gif 温湿布法も効き目があります♪ 

首の後ろ、または鼻そのものに温湿布をすると、鼻づまりが緩和されます。
鼻づまりで、頭が重い感じがする場合は、後頭部に湿布をすると効果的。

使う精油はラベンダーがおすすめ♪
温湿布をするのと同時に、首の後ろや鎖骨の周辺を軽く指圧して刺激を与えてもGood
試してみてね(^^)

温湿布は、家族や恋人・お友達にやってあげると、とっても喜ばれます


温湿布のやり方は、続きを見てね!

↓   ↓   ↓


   温湿布のやり方
ライン06ライン06


① 洗面器に熱湯をいれます。
② 目的にあった精油を3滴以下加えます。
③ その中に、短冊折にしたタオルを浸し、表面に浮いた精油の油膜を すくうようにして
   タオルに含ませて、両端をひねって絞ります。
   ヤケドしないようタオルの両端を持ち、その部分はお湯につけないようにします。
④ 湿布したい部位に当てます。


      温湿布の場合は、使うタオルが熱いことが重要なので、冷めてきたら
      再び作り直すなどの配慮しましょう。
      但し、熱すぎるのはNG。
      自分が気持ちが良いと思える温度がいちばんです。

注意 … 湿布は長く肌に密着するので、肌の精油に対する反応や、湿布の時間などに気を配りましょう。



01-1.gif 精油(エッセンシャルオイル)が買えるネットショップはこちら♪

         5-03.gif Tea-tree の森
         5-03.gif 夢工房
         5-03.gif 月の花
         5-03.gif ケンコーコム

        楽天市場でアロマグッズを探す♪ 

 

関連記事

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました
※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません

カテゴリ
タグ