緊急事態宣言も解除され、
屋外での活動を楽しむ機会が増えた今日この頃、いかがおすごしでしょうか。

梅雨の晴れ間の太陽は強烈
美肌のためには、紫外線対策には気をぬけませんね

でも、紫外線カット数値で選んでしまうと、
ブツブツが出たり、カユカユのなってしまうわたくしは、日焼け止めは選びはとても気を使います。

きちんと成分をチェックして、
お肌に負担のなく安心して使えるものを選んでいますョ。




こちらの「海で、日やけ止め」は、
無添加コスメを愛する女子御用達のフルフリさんのもの。
お子さんも安心して毎日安心して使る日焼け止めです

その特徴は、
  • 紫外線吸収剤、合成防腐剤、ナノ成分は不使用
  • 石けんで落ちる
  • 白浮きしにくい
  • シルクパウダー配合でべとつかない
  • 化粧下地としても使える
  • 全防水ではないが、水に強い

オーガニックコスメのフルフリさんが、
今まで取り扱いしてきた様々なノンケミカル日焼け止めのいいところを取って、悪いところを排除したのが、この「海で、日やけ止め」なんです。


海で、日やけ止め


多くの日焼け止めには、紫外線吸収剤が使われています。

紫外線吸収剤は、お肌の負担になるばかりか、
環境にも良くないため、ハワイでは、紫外線吸収剤を含む日焼け止めが販売禁止になっているほど。

「海で、日やけ止め」は、紫外線吸収剤ではなく、
紫外線反散乱材として、特殊加工の酸化亜鉛を使用しています。

この特殊な酸化亜鉛は、
肌の表面にとどまってUVA/Bを乱反射し、白くは見えないという特徴を持っています。
非常に高価なものだけど、これを40%近く配合しているそうです。

ちなみに、「海で、日やけ止め」の全成分はこちら。


海で、日やけ止め 全成分



名前は「海で・・・」だけど、
アウトドアだけでなく、日常のUV対策として大活躍してくれます。


海で、日やけ止め


ノンケミカルの日焼け止めにありがちな、
固めのテクスチャーでべたつくのは苦手なわたくし。

でも!

「海で、日やけ止め」は、良くのびて、べたつきなく軽い使い心地
シルクパウダー配合だからね。
白浮きしないのも◎

塗った後は、ほどよいツヤと保湿感があって、年齢肌、乾燥肌にはぴったり


海で、日やけ止め 使用前



海で、日やけ止め 使用後
少しツヤが出てしっとりします♪


外出時には、これを化粧下地にして、ミネラルパウダーを重ねています。

以前、晴天の連休にアウトドア活動をしたとき、
何も塗っていなかった主人は赤く日焼けしてましたが、これを使っていたわたくしは日焼けしませんでした。
日焼け止め効果もきちんと感じられましたョ

水に比較的強いから、
汗をかいても、流れてしまったり、汚く崩れたりことはありません。

ノンケミカル日焼け止めのいいとこ取り!
というとおり、とても使い勝手の良い日焼け止めです

ただ、
若干分離するため、使う前に容器を振ルことをオススメします。
チャプチャプと振れば、分離はなくなりますから。


森で、日やけ止め
森で、日やけ止め


「海で、日やけ止め」は無香料ですが、
虫を寄せ付けないアロマオイル配合の「森で、日やけ止め」もあります。

お値段は、各2,640円(税込
2本まとめて購入だと、5,000円(税込)

今までのノンケミカルの日焼け止めに満足していなかった方も、これなら満足できるはず
 海と森で日やけ止め





オーガニックコスメ フルフリの関連記事はこちらにも








関連記事