生協(パルシステム)でジュース用のプラムが売っていたので、買ってみました。

プラムにはたくさん種類があるけど、これは「 あまみプラム(鹿児島県産)」と言って、
プラム酒、ジュース、ジャム作りにピッタリなのだそうです。
実際は画像より、もっと深紅に近い真っ赤


あまみプラム



そのまま食べても、なかなかおいしいプラムです。

本当は、パワージューサーでフレッシュプラムジュースを作ろうと思ったのだけど、
種を取り除こうとしても、種の周りに果実が残ってしまい、もったいない。

ということで、煮出してジュースをとることに。
煮出した後残った果実は、ジャムにすれば、一石二鳥


プラムジュースのレシピはこちら。
(あまみプラムについていたレシピです)

hana8.gif 手作りプラムジュースの作り方 hana8.gif

材料

 プラム(1kg)、 砂糖(210g~300g)

 ① 鍋に700ccの水と砂糖を加えてよく溶かし、火にかける。 
 ② 熱くなる(40~50℃)位になったらプラムを入れて2~3分煮る。
 ③ 火を止め、そのまま2~3時間置く。
 ④ ③のジュースを85℃で5分加熱、少し冷まして液だけをびんに移す。


 出来上がったら、冷蔵庫で保存しましょう。



プラム、煮ます♪
プラムを煮ます♪

↓  ↓  ↓

プラムジュースをとった後のプラム
プラムジュースをとった後のプラム




 プラムジャムは、プラムジュースをとった後のプラムを使います。
皮と種を取り除き、砂糖300gを加えて数分煮るだけででき上がり。



さて、完成品は、続きに・・・

プラムジュースは、炭酸で割って飲んでみました。


プラムジュース♪




すっごく美味しそうでしょう


でも、わたしの好みの味じゃなかった。。。


きゃ~、ここまで引っぱっといてごめんなさい
ただ、息子ちゃんは、「おいしい、おいしい♪」と喜んで飲んでいたので
単に、わたしの好みじゃないだけです。

何というか、色の割に、パンチのない味?というか、はっきりした味じゃない。
今どきの若い子が好きな味じゃないでしょうか。


でも、ジャムはおいしかったよ~

プラムジャム



パンに塗ってもGOOD、プレーンヨーグルトにもGOOD
お菓子作りにも活躍しそうです。

最初から、ジャムだけ作ればよかったという感じですが、
ジュースも、息子ちゃんが喜んでいるので、よしとしましょう。



プラムは、こんなに真っ赤な色からしても、体に良さそうですよね。

調べてみたら、
食物繊維が豊富で、眼精疲労にも効果的と言われるアントシアニン
抗酸化物質であるフラボノイドなども含まれます。

ふふふ、アンチエイジングにも一役買ってくれそうです










昨日は「爪の痛み」の件で、暖かいお言葉ありがとうございました

皆さんに、「だいじょうぶ?」と言っていただけただけで
なんだか痛みが和らいだ気もしています。
今日は、大雨なので、お医者様に行くのは様子見中…


関連記事

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました
※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません