精油(エッセンシャルオイル)は、どうやって作られるのか、ご存知ですか

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花や葉、茎、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材。
とてもデリケートな物質なので、抽出方法は、その精油の性質に合わせて選ばれているそうです。


【水蒸気蒸留法】
まず、原料の植物を蒸留釜に入れ、水蒸気で植物の芳香成分を蒸発させます。
この芳香成分を含んだ蒸気を冷却すると液体に戻り、上に浮いた芳香成分を水と分離して、精油を得ることができます。
精油を抽出する際にできる水には水溶性の芳香成分が溶け込んでおり、芳香蒸留水(フローラルウォーター)として利用されています。

【圧搾法】
柑橘系の果皮から抽出する際に用いられる方法。
昔は手で果皮を圧搾してスポンジに吸わせて採取していましたが、現在は、ローラーや遠心法による機械で圧搾して低温で精油を得ています。

【油脂吸着法】
牛脂や豚脂が芳香成分を吸着する性質を利用したもので、常温の脂肪に吸着させる冷浸法と、60~70℃に加熱した脂肪に花などを浸し、香りを吸着させる温浸法があります。
香りを吸着した脂肪から、エチルアルコールで香りをとりだします。
ジャスミンやオレンジフラワーなど、主に花から抽出する場合にはすぐれた方法ですが、手間がかかるため、現在ほとんど商業的には行われていないそうです。

【有機溶剤抽出法】
近年、油脂吸着法に変わる方法として利用されはじめた抽出法です。
石油エーテル、ヘキサン、ベンゼンなどの揮発性の有機溶剤を使用して、植物中の芳香成分を溶かし出す方法。
溶剤釜に植物を入れると、花をはじめ植物の中にある天然のワックス成分が芳香成分と一緒に溶け出てきます。
ここからエチルアルコールで芳香成分を取り出し、最後に得られたものを「アブソリュート(Abs.)」と呼んでいます。
ローズやジャスミンなどの花の香りを得るにはすぐれているのですが、溶剤が少し残ることがあるので、「アブソリュート」と「精油」と区別する場合もあるそうです。


こうやって見てみると、精油を抽出するのってとっても大変そう…
だから、小さな瓶でも高価なんですねぇ。

でも、そのぶん、植物のエキスがギュギュッと凝縮されていて、効果もあるわけですね顔文字waku-1 (2)



 よかったらこちらも見てね♪

f02.gif アロマテラピー基礎知識
   hana8.gif 精油(エッセンシャルオイル)とは
   hana8.gif 精油を安全に使うための注意
   hana8.gif 精油の保存の仕方
   hana8.gif アロマテラピー☆作用のメカニズム




01-1.gif 精油(エッセンシャルオイル)が買えるネットショップはこちら♪

         5-03.gif Tea-tree の森
         5-03.gif 夢工房
         5-03.gif 月の花
         5-03.gif ケンコーコム


       いちご 30 楽天市場で精油(エッセンシャルオイル)を探す♪
関連記事

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました
※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません