アロマテラピーでは、お風呂のお湯に精油(エッセンシャルオイル)を垂らして入浴し、効果を楽しむ沐浴法(アロマバス)があります。

自然の香りに包まれたバスタイムは、体だけでなく、心も休ませることのできる貴重な時間。
精油の穏やかな薬理的効果の他に、リラクゼーション効果が期待できます


 全身浴

バスタブにお湯を満たし、肩までつかる全身浴。
目的に合わせた好みの精油5滴以下(最大でも10滴以下)をお湯の中に落とします。
精油はお湯に溶けないのでよくかき混ぜてから入りましょう。


 半身浴

みぞおちの辺りまでのお湯につかる半身浴。
心臓などに負担をかけず、新陳代謝と発汗を促す作用があります。

3滴以下の精油をお湯に落とします。
上半身が冷えないようタオルなどを羽織って汗がでるまで全身を温めると効果的です。


 部分浴

そのほかにも、体の一部だけをお湯に浸けて温める部分浴があります。
部分浴はお風呂に入れないとき、体力が衰えているときでも気軽にできる便利な方法です。

  ☆ 手浴(ハンドバス)
      洗面器にお湯をはり、3滴以下の精油を落としてよくかき混ぜ、両手首まで浸します。
  ☆ 足浴(フットバス)
      大き目の洗面器などにお湯をはり、3滴以下の精油を落としてよくかき混ぜ
      両足首までつかります。
  ☆ 座浴
      大き目の洗面器などにお湯をはり、3滴以下の精油を落としてよくかき混ぜ、
      腰くらいまでつかります。
      浴槽なら、底から20センチぐらいのお湯をはって、腰までつかりましょう。



精油を直接お湯におとして使用してもいいのですが、
敏感肌のなどの方は直接肌に精油がつかないように、キャリアオイルハチミツ牛乳ウォッカなどに精油を落とし混ぜてから使用した方がよいでしょう。
わたしも、その方が安心なのでそうしています。

天然塩 と精油で、バスソルトを作って使用するのもオススメです。
バスソルトの作り方 >>


391 よかったら、ここも読んでね。

f02.gif  アロマテラピー基礎知識 
    hana8.gif 精油(エッセンシャルオイル)とは
    hana8.gif 精油を安全に使うための注意
    hana8.gif 精油の保存の仕方
    hana8.gif アロマテラピー☆作用のメカニズム
    hana8.gif 精油の抽出方法
    hana8.gif 精油を購入する時の注意点


01-1.gif 精油(エッセンシャルオイル)が買えるネットショップはこちら♪

         5-03.gif Tea-tree の森
         5-03.gif 夢工房
         5-03.gif 月の花
         5-03.gif ケンコーコム


        楽天市場で精油(エッセンシャルオイル)を探す♪

 

関連記事

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました
※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません

カテゴリ
タグ